巨峰、販売開始

巨峰の販売を始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンニーナ販売開始

クイーンニーナの販売を始めました。

木が若く少量しかありません。本日より不定期で販売します。午前中に売り切れることが多いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅伊豆、贈答用完売

紅伊豆、贈答用完売しました。

藤稔はまだ昨日の雨の影響が出ていないようで、あと何日になるかわかりませんが、贈答用販売中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤稔の販売について

8/11午後、約一時間に渡り非常に強い雨が降りました。これにより、藤稔が割れる可能性が高くなりました。

明日以降に確認しないとわかりませんが、お盆中に藤稔の贈答用は販売できないかもしれません。申し訳ありませんが、ご了承ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/9(木)は開園時間が遅くなります

8/9(木)は開園時間が遅くなります。

雨が収まってから準備を始めますので、天気が落ち着いてからのご来園をオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在(8/8)の販売品種

現在の販売品種

紅伊豆  発送・贈答用はかなり少なくなりましたが、お盆頃まではどうにか販売できそうです。

藤稔   台風13号と今後の雨量次第ですが、15~20日位に発送・贈答用がなくなる可能性が高いです。

キャンベル  通常通り販売できます。

アーリースチューベン・ヒムロット △ 発送・贈答用はほぼ完売しました。お買い得のパック売りのみ販売中です。

今後の販売予定

巨峰・ピオーネ 8/15前後 お盆ころから販売開始できそうです。

シャインマスカット 8/20頃 今年は早いと思いましたが、例年並みの時期になりそうです。

クイーンニーナ 8/20前後 今年は早そうです。数は100房弱くらいですので店頭に出る期間は今年も短いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/8(水)休園します

台風13号接近により、8/8(水)は休園します。

8/9(木)は天候が回復してから開園しますので、開園時間が遅くなる可能性があります。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風と藤稔のお知らせ

台風13号が8.9日にかけて関東地方を通過する予報が出ています。

昨年は長雨続きで、藤稔がお盆頃にほとんど割れてしまいましたが、今後の雨量次第では今年も10日以降、藤稔が割れてしまい配送できなくなる可能性があります。

藤稔を配送希望のお客様は、明日(8/7)発送が今年最後の機会になるかもしれません。小雨程度では開園しますので、早めのご注文をオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤稔 販売開始しました

藤稔の直売を始めました。

今年は先日の台風の影響で若干ワレが出始めていますが、このまま雨が少なければ、昨年よりは長く販売できる…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休園(7/28)のお知らせ

台風による荒天が予想されるため、明日(7/28)はお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/26(木)に開園します!

 7/26(木)からぶどうの直売を始めます。今年もよろしくお願いします。

 今年はブドウの生育が早く、各品種とも例年より一週間くらい販売が早くなると思います。

 販売が早くなる分、終了も一週間くらい早くなる可能性が高いです。

 開園時、販売予定品種はヒムロット、アーリースチューベン、紅伊豆などです。野菜はタマネギ(全滅したため販売無し)以外は例年通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハガキの宛名印刷について(7/13)

 開園案内のハガキ印刷。今年も郵便屋さんに裏面の印刷はお願いした。とても助かる。宛名面の印刷をする際、色々忘れいてとまどったので、来年のために記す。

・エクセルデータをワードに差し込むやり方を毎年忘れる。今年は→【Word 2007】はがき宛名印刷 のサイトを参考に行った。・・・ワードって最新は2016なのか。

・インクが切れてネットで「互換インク」というのを注文。あんまり安くて怖いので6色で¥500のと¥300のをそれぞれ頼んでみた。普通に使えた。

・数年前に買った黒インクが使えなくなってた。販売元は不明。たしか正規品の半額くらいで買ったような。

 とりあえず来年は今年買った分のインクでいけると思う。プリンターは今年も買い換えずに済んだ。気が付けば10年選手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小道具作り(7/6)

台風7号の影響でようやく雨。いままで放置していた小道具を作る。

注意喚起系

234

↑あんまり増やしても感じ悪いが全然掲示しないとトラブルのもとになる。難しいところ。

配送料金

1_2

2018

↑昨年に比べ大幅な価格上昇。痛い。昨年までの普通の表の方と比べてどちらが見やすいか要相談。

・・・他に何が足りないか。開園してから「アレがない」というのがいつものパターン。何年やっても繰り返し。
横断幕かポスター(屋外用のパネル)あたりを店先に掲示したいのだが、どちらも一長一短。イラストレーターのverが古すぎてテンプレが開けないし、やるとしたらポスター+パネルかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「環状剥皮」を試す(6/24)

 今年試験的に着色に苦しんでいる木(3本→紅2ニーナ1)に「環状剥皮」を行う。

 ネットの情報を参考に行う。一番見たのは、青木果樹園さんの「環状剥皮で着色促進をする方法」のページ。
 青木果樹園さんは「藤稔」を育種した果樹園。ウチのお盆ころの主力品種。これで赤系品種の着色もうまくいけば、ものすごくありがたい。

備忘録
・必要なのは、専用の道具(サボテンの「環状剥皮ナイフ」使用)、布のガムテープ
・満開30~40日後に行う
・二週間後くらいにテープは剥がす(1ヶ月以内なら大丈夫?)
・サボテンの「環状剥皮ナイフ」は、かなり力を入れてゆっくりと動かす。うまくできると本当にキレイに剥ける。
・サボテンの「環状剥皮ナイフ」は既製のまま使用(5mm幅)したが、部品を変えて幅を広くして行うと樹勢が強すぎる木にはいいかも?→これは今年の結果をみてから判断

82af491ad4bd4ceea1401583e58039cc
Img_7850

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬剤散布のお知らせ(6/30)

6/30(朝)、薬剤散布を行います。ご迷惑をおかけします。天候不良の場合は翌日以降に順延します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アグリオン」をスタンダードプランに変更

四月ころから使っているアプリ「アグリオン」を有料プランに変更してみた。

記録を見るのが面白く、無料プランで十分だとも思ったんだけど、無料プランだとデータのバックアップが無いらしいのと記録のcsvファイルの出力ができない(今のところできても私はcsvの利用方法はわからない)ので、変更してみた。
農業の記録アプリも他に色々あるようなので、今後より良いサービスがあれば移行も検討したいが、今のところ、アグリオンに不満は無い(細かいことを言えばいくらでもあるが)ので、しばらくお世話になりたい。
繁忙期の記録を見ると、ひと月半で延べ1000時間・・・。どうにか人手を増やしたいなあ。
20180616_0656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月下旬から6月中旬まで~

 四月下旬から続いた繁忙期が昨日(6/15)袋かけが終わったことで、一応落ち着きました。

4/23 薬散開始(以降、約10日間隔を目安)
4/24 網張り
4/26~ ソルゴー播種(3日位に分けて 5/6完了)
4/29 アーリースチューベンの手入れ
5/2  ↑ジベ処理
~5/2 春レンソウ出荷終了
5/3~ 房づくり(5/16ころまで)
5/4  網張り
5/5  フラスター散布(短梢シャイン)
5/7  苗物定植
    藤稔開花
5/10 ストレプトマイシン散布(散布後、けっこうな降雨)
5/12 シャイン開花?
    フラスター散布(クイーンニーナ)
5/13 スイカなど定植
5/14 草刈り開始(以降伸びたら)
5/15~ 誘引開始(5/19ころまで)→袋掛け前に見直しなど以降適宜行う
5/20~ ジベ処理開始(5/26ころまで)
5/21 緑枝接ぎ(6/15も)→ハウスは下の方から出た不定芽を隣りハウスに誘引
    キャンベル摘果(1-2個に)
5/22 摘粒開始(6/5ころまで)
    畑道などに除草剤
    摘心など新梢管理(以降適宜)
5/26 シャイン軸調整(ジベ後、定期的に)
6/1  掃除~(6/11頃まで)
6/8  袋かけ開始(6/15まで)
6/11 傘掛け(一部品種に乳白色のを)

010ba5b33dd348428d88cdbbc9d93dd0952a3908e4a64358a5bea2e60aab73a4Img_6783177f785eea954749909f06f661b598b7Bb2c0d2b86014362bffe808d9e47f21b

今年は生育が早くしんどかった。ツイッターなどアプリを使って記録をとってみたが、なかなか便利。画像がその場で見られるのは快適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマネギ全滅

 今年のタマネギは、全滅したため販売できません。

 今年も例年通り無被覆で栽培したところ、年明けの大雪で長期間雪の中に埋もれていたせいか、春先になっても肥大せず売り物にならなくなってしまいました。
 これを反省に来年以降は頑張ります。

Img_7122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Agrionを試す

アグリオンという農作業の記録アプリを試してみた。20180412_0546

スマートフォンで各種項目(作業・資材・場所など)を登録して、作業開始と終わりにスマホのアプリで記録して、パソコンで集計されたデータを見ることができる。

登録内容を丁寧に細かく入力すればするほど正確な情報が得られる・・・のだろうがお試しなのでそれなりに入力。それでもかなり面倒。有料で登録代行サービスもあるようだ。

5日位続けて、パソコンでデータを確認すると下記の感じ。

作業内容の内訳

20180412_0534

作業者ごとの労働の種類と時間の内訳

20180412_0534_001

圃場での作業と労働時間の内訳

20180412_0536

作業項目ごとの作業時間の合計。作業者ごとに色分け。

20180412_0537

圃場の位置を登録する事で、おおよその面積なども表示される。「移動」の項目もあり。どのくらい移動時間がかかるかなどもわかる・・・が本格的に使うとしても、イチイチ面倒なので多分その辺は省略すると思う。

20180412_0539

農薬など資材を登録すれば(価格などは自分で入力)、どのくらいのコストかわかる。・・・が膨大な資材の入力はなかなか面倒。

20180412_0544

使ってみて、おもしろいなあ、と思ったが、正確にやろうと思うと一人で複数人の作業記録をつけるのは、けっこう面倒。人に任せる、というのもウチのような零細農家では難しいし理解が得られない。
「グラフ」や「記録」は個人的に大好きなので、とりあえず今後も出来る範囲で続けていこうと思う。いつになるかわからないが、そのうち役に立つ・・・気もするので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラクターのPTOジョイントを折る(4/4)

 麦畑をうなっていたら、ヤケにガタガタするな~、と思っていたが、まあ、畑は乾いてるし、麦伸びてるし、こんなもんだよな、と続行。
 一時間くらいしたら、突然ロータリーが停止。降車するとPTOのジョイントが折れていた。鉄部分が熱い。
 農機具屋さんに見てもらって、数日後、部品が届き接続。
 故障の一番の原因はグリスアップ不足。大反省。毎日の農作業で忙殺され、機械の整備は二の次になっていた。気をつけよう。定期的に見れないなら、人に頼もう。

Img_4467

里芋を作らなくなって、ロータリーの脱着は全然やらなくなっていたが、高いところを作って上にロータリーをのせる。
Img_4517

着ける時の詳細はマニュアル参照。各部位にグリスアップ&塗布。

20180407_0603

エアクリーナーなどもエアガンなどで定期的に掃除すること。

Img_4513Img_4514Img_4515

冷却水も忘れずに。

Img_4516

「トラクター ジョイント」などで検索すると整備方法はいくらでも出てくる。できるところは自分でやって、できないところはお店の人にやってもらおう。...正直、面倒なので車みたいに車検があると助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根菜部会(3/20)

 根菜部会の集まりがあったので参加。前回より大幅に参加人数が増えた。その分、色々なお話が聞けてタメになった。
 根菜はジャガイモしか作ってないのでさっぱりわからないけど、同業者の真面目な話を手軽に聞ける機会は貴重。酒が入る集まりだと、記憶が・・・。



 以下、備忘録。ジャガイモ以外の情報は鵜呑みにしないほうがいいと思う。そんなに真剣に聞いていないので。



・センチュウ対策にはネマトリンエース(ネマキック?)が便利
・センチュウ対策でヘイオーツを作付けする場合、生育が揃わず凸凹になっているところにセンチュウが多い可能性が高いらしい
・ニンジン播種前の太陽熱消毒は評価が分かれる
・アイホッカは厚いのは水を通さない。「20」だと水がしみる
・価格は、アイホッカ40>>>アイホッカ>パオパオみたいな感じ?
・マメスケは5.6年は消えない
・ピクリンの錠剤、ハウスの隅など局所的な使用はアリかも。価格は以前より下がった?



・ジャガイモ春は切る。夏は細かく切らないほうがいいらしい→傷みやすいので
・↑これの対策でジャガイモシリカというのがあるそう。
・秋作はどうもデジマ一択の様子
・ジャガイモの雑草対策にはクレマートを使っている人が多かった
・↑他にはコンボラル、セレクトなど



・・・今年も不使用だったけど、ボチボチ使っていかないと体が持たない。適時に土寄せできる自信ないし。



Img_3601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年明けから春先までの雑感(18/01/01~03/15)

 年明け以降レンソウは品薄で高値傾向。一月も大雪のため、2月中頃まで続くが、ここに来て平年並みに。生産の方は、ようやく雪の影響がなくなったと思ったら、強めの雨で土が流されたりアクシデントが昨年秋の台風から断続的に続いてる。
 ブドウは例年通りの時期に剪定完了。ここまでは特に問題なし。棚のマキヅル取り終えてない等、多少手が回ってないが問題なし。

Img_3357Img_3306Img_3280

今年はスマホ使ってツイッターで記録をつけてみてるのでブログの方は、たまーに更新。これがイイのか悪いのか、まだよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農産物生産の衛生管理の勉強会(18/3/13)

 先日、施設園芸の方で告知されていた。参加しやすい時間帯で興味があったので出席。

・年間1000件以上、食中毒が発生。細菌性(O-157など)が9割。
・海外だけどホウレンソウもO-157が結構出てる。
・国内の汚染実態調査で、ホウレンソウから大腸菌の陽性反応が出てる(約16%)
・有害微生物を「付けない」「増やさない」
・井戸水の場合、定期的に水質チェック
・バルブ、給水栓もチェック
・種子のロット番号、原産地なども記録しておくと良い(写真とるくらいならできるが・・・)
・車両や農機具は清掃、調整作業に使う道具も洗浄・清掃を
・掲示物(「作業のルール」などをラミネートして貼っておく)を使うなどして注意喚起
・点検表や記録表を使う

Img_3378Img_3379Img_3382Img_3384

清瀬ベジフルパーティさんと株式会社LSIメディエンスさんが主催。衛生管理マニュアルも作ったそう。そっちの方も見てみたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉菜部会~今年の取り組みについて

 夕方、葉菜部会の集まり。今年、何をやるか、皆さんに意見等をいただく。保険で一個だけはやることを決めておいたが、その他にもいくつか案が出て助かった。相変わらず参加人数は少なめだけど、とりあえず地味に続けて若手に引き渡したい。

 個人的には、この手の栽培技術中心の集まりはあった方がイイと思うが、人それぞれ考えや状況が異なるので、無理してまでやるのなら・・・とも思う。なかなか難しい。

Img_3134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きよせ施設園芸研究会全体会~生産緑地法の改正についての講演

 生産緑地法の改正についての講演を聴く。大雑把にまとめると、こんな感じか。

・相続税、生産緑地で相続すれば10aあたり一律84万円
・飛び地でも受けられるようになる
・下限面積300㎡まで引き下げ
・10年ごとに延長
・(これは緑地法とは違うが)農家の自宅と作業場の敷地は730㎡まで相続税80%減で相続できる ← 小規模宅地等の特例制度は2018.4.1から変わるけど、農家は例外扱い?確認必要
・農家で駐車場やアパートなどを法人で経営している方は、そちらの農業部門ということで農地を自分から借りれば、駐車場などの経費で雇用ができる ← 聞いてて「おお~」と思ったがウチは違うので無理か。ただ、この方法は詳しく聞いてみたい。

 この手の話をくと、農家続けるの大変だよな~、と思うことが多い。代替わりでジワジワ減って当たり前な感じ。

Img_2873
Img_2871

Img_2870

Img_2866

Img_2865

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽トラが雪にハマる→救出【2018】【事故】

 雪が溶けかけたところに収穫に行く。さて、一旦戻ろうか、とバックして「アレ?ちょっと道からずれた」と思ったらあっとゆう間に軽トラがハマる。全然動かない。
 とりあえずトラクターと足場とスコップを持ってくる。これなら足場噛ませてバックですぐ出るだろう、と思ったが、平地まであと1mから全然でない。中途半端に進んだせいで牽引スペースもない。時間も遅くなったので諦めて帰宅。
 翌日、ジャッキで持ち上げてタイヤ周りの泥を固めたりしたが、やはり出ない。もういいや、と小さい方のトラクターで複数回に分けて少しづつ引っ張って引きずり出す。2日間、時間にして3時間位のロス。反省。救出後は地面をならす。

Img_2520Img_2538Img_2536Img_2534

ぬかるんでたら畑の奥には行かないこと
・救出の際は、コンパネで道を作ったり、下準備をしっかりすること
・牽引時、ワイヤーには太い枝などを噛ませたほうが、ほどく時に楽
・無理して自力で出ようとすればするほどハマるので、早めに別の方法に切り替えること
・1人だとキツイので早めに助けを呼ぶか、2人確保できる時まで先伸ばしにした方が楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の被害・剪定状況

 1/22の大雪の被害はニトポールが少し折れたくらいで、降雪量から考えれば最小限度で済んだ・・・と思うが1/29になっても畑から雪が消えない。発芽したばかりのホウレンソウがずっと雪の下(10aくらい)なので今後どうなることか・・。
 ホウレンソウができないので剪定ばかり。おかげで例年よりこちらの進み具合は早い。チップにしたいが雪が残っていて無理。こちらも、いつやれるのか不透明

180130_01180130_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視察研修@茨城

 きよせ施設園芸研究会の視察。茨城のパプリカ農家さんと試験場。

Img_2285
Img_2290
Img_2345

パプリカの農家の方の話が面白かった。当たり障りのなさそうな範囲で箇条書き。

・「回す」までは眠れない夜が多々ある。
・色々あったけど、東京より地元で愛される方が良さそう(大資本との泥仕合は避けたい)
・基本、社員には自由にやらせるようにしている(やり方は教えた上で)。失敗してもなるべく叱らない。とにかく早く報告するように言っている。「人が転ぶと派手に見える」がそこで怒っても仕方ない。
・パートさんにはブロック毎に担当してもらっている。横並びだと遊び始めてしまう。責任を持たせたほうが良い。
・都市近郊で、トマトを20aくらいやって直売やってる農家の方が羨ましい。隣の芝生の方が青く見える。
・パートさんは最低賃金からスタート。土日休み。半分固定半分流動。
・グローバルGAPは30~40万かかるが、JGAPなら団体割引で3~4万程度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターのモーメントを使ってみた

 例年通り、HPのトップページの文章を更新。写真も変えた。

 昨年秋からスマホを使用し始めて、記録のメモがわりにツイッターを使ってみている。つぶやきをまとめるモーメントという 機能を利用して、ひと月ごとにまとめたら作業内容を振り返りやすいのでは。写真が見れるので助かる(インスタグラムも試してみたが、こちらは過去の記事をまとめたり振り返る作業がやりにくそうなのでヤメた)。

 今年も作業の記録は、昨年始めた10年日記を使った記帳が基本だけど、便利なものは何でもやってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もあと少し

 今年の年末は、例年よりホウレンソウの出荷量が少なめだっため、かなり粗剪定ができ、雪対策はバッチリ。
 ホウレンソウも出荷の間隔は空いて量は減りましたが、価格が例年の倍近かったため、売上が極端に減ることは無さそうでホッとしてます。
 試験的にツイッターで簡易な作業記録をつけはじめました。ひと月ごとにまとめてみて、使い勝手が良ければ、今後ブログの方の更新頻度は減るかも。

Img_1448
Img_1617
Img_1540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雇用などに関して