花芽

 ハウスのシャイン。早い。ブルーベリーの花が咲いている。最後のホウレンソウも順調に生育中。この分だと、いま収穫中のところが終わってすぐに収穫になりそう。今年はべと病にならずに出荷を終えたい。疲れが溜まってきた。

170420_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜ガード

 生育が早い・・・となると今後は霜の心配もした方がいいかも。何か対策は、と思いだしたのは山梨の園芸でよく見かける「霜ガード」という広告。今度山梨に行った時に、どんなものか聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展葉

 3月の水不足で心配だったが、無事に順次展葉中。一番早いのがハウスのシャイン(ビビってほぼ全て2芽残しで、今後どうなることか)次が露地の紅伊豆→キャンベル、アーリースチュ、シャインあたり。
 昨年末のCXの効き目かどうか、わからないがシャインが早い。定植2、3年あたりの木は萌芽くらいな感じなので、どうも成木になるにつれて育ちが早くなる傾向がある気がするが、今回ほとんどのシャインにCXを散布したのでよくわからない。シャインにはCXの効果が出やすいのかもしれないし、気候条件があっていたのかもしれない。何とも言えない。今年はジベも花芽ごとに細かく時期をわけて処理してみようと思う。

170416_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べと病がなかなか無くならない

 昨日収穫を終えたところも収穫終盤でべと病がチラホラ出ていた。収穫前、ギリギリのタイミングで殺菌剤をかけたのだが・・・。虫による被害は少ない。
 来春は「ハンター」に変えて抵抗性の強い品種を播いた方が良さそうだ。「此の辺は(北の方と違って)大丈夫だろう」とは言えなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホウレンソウ播種(春ラスト)・べと病発生

 春最後のホウレンソウ播種(ハンター+ブライトン約2ずつ)被覆無し。
 先日収穫した際、確認したべと病が広がってきていて、本日も慌てて収穫。となりに近日収穫予定の圃場があるので、なんとか広がらないように手をうたねば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブドウ部会

 防除歴と新しい肥料について。さほど興味はなかったが、皮剥ぎ用の鎌など、欲しい道具があったので出席した。詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台木売り切れ

 空いてる所とかに植える苗木が欲しくて、在庫確認をしたら「台木はもうありません」とのこと。次回はカタログが来た時に頼むことにしよう。
 「台木部分(太い枝?)に傷をつけると芽が出てくる」みたいな話を、ふっと思い出したので試しに「3309」に接いだ2本に(上の方で接いだので幹が長め)傷を複数つけてみた。
 実験。失敗したら、やったこと自体を忘れてそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンソウ換気

 一部レンソウの換気。あと一週間くらい収穫したくないが、3日以内に収穫になりそうだ。

170228_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定植・抜根・皮むき

 ホウレンソウが落ち着いているうちに紅伊豆(自根苗)の定植、伐採した木の抜根、皮むきなど。
 エースの紅伊豆の木に枯れ込みが見られた。そろそろ寿命か。来年も枝をとって、今年も接木して確保しないと。計算できる唯一の赤系なので大事にせねば。

170228_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芽傷を入れる

 延長枝などに芽傷を入れる。昨年より数日遅いか?

170224_01170227_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全体会にて講演を聴く

 ようやくボランティアの仕事に目鼻が付き始めたので(4月1日まで気は抜けないが)きよせ施設園芸研究会の全体会に出席し、講演を聴く。
 テーマは「農産物の販売戦略!~商品や農園のブランド化に向けて~」で講師は江藤梢さん(株式会社コトリコ

Katudou170207_04

・・・三ヶ月くらい経って思い出しながら書いているが、「応援してくれるファンを作りましょう!」というのが大事、とおっしゃっていたような。
ヤマヨシさんなど様々な農家や団体の事例を出して説明があり、わかりやすい良い講演でした。

Katudou170207_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チプスター修理

 チプスターのチェーンがハズれる頻度が物凄く高くなったので、修理に出す。チェーンがノビノビなど限界だった模様。ケガしないで済んでよかった。剪定もあと一息。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンソウ部会~ 品種比較・べと病の講習

 レンソウ部会。これは!という品種は無し。まあ5年に一度くらいしか当たりは出ない。今まで播きたい!と思ったのはアステアセブンとハンターくらい。オマケしてクロノス、オシリス。・・・4つだけか。
 べと病の講習会は期待しすぎたせいか、正直・・・。べと病は予防剤しかないということだけ覚えておこう。

Cimg9601Cimg9612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出初式

 現役最後の出初式。今までで一番寒い。表彰とかで緊張して膝がガクガクしているのかと思ったら、あまりに寒かったせい。一斉放水は7分辺り。カメラ、ポンプ車ダッシュボードに置きっぱなしで撮影。

 早朝から夕方の新年会まで分団の皆さんのご協力で、どうにか無事終了。本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンソウ播種

 今年最初。ハンター。朝は霜、夕方はすぐ日が落ちるので、播ける時間が少ない。種がかなり浮いた。押し込んでたらトンネルの棒挿しが終わらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剪定開始

 ホウレンソウが寒さでようやく落ち着いてきたので剪定開始。まずは役目を終えた木の伐採から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年日記

 山梨に研修に行った際、「10年くらい続けて書ける日記で記録をつけると、前年との比較がしやすかったり、似た傾向の年を探しやすい」みたいな事を聞いた。
 昨年秋ころに思い出し、注文しておいた「石原10年日記」を今年からスタート。スマホ無し、パソコンも毎日起動させるのはしんどくなってきた。手書きなら続けやすい・・・と思う。とりあえず、やってみよう。10年後は50代。色々あるだろうけど頑張ろう。

S170101_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅つき・出荷(最終)

 今年も28日に餅つき。色々あったがどうにかここまで無事に来れた。前日に初めて屋内で準備。3回蒸す→2回蒸す(余り分は赤飯用にキープ)にしたせいか、遅めに始めて終了は、ほぼ例年並み。
 午後は市場(途中市役所で雑務)。なぜか「トメ」という感じがあまりしなかった。明日以降も仕事があるせいか。

S161228_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苗木が届く

 植原さんから苗木が届く。志村さんのは届かないから在庫が無かったようだ。相変わらずホウレンソウ。暖冬傾向なのでドカ雪が心配。剪定もしておきたいが、なかなかブドウに行くことができない。

S161222_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長が止まらない

 ハンターが止まらない。・・・ということはオシリスも止まらない。今年は最後の最後まで仕事をすることになりそうだ。

S161220_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホウレンソウの壁

 石川園さんの看板が撤去。木も抜根されて無い。ああ。市場にはホウレンソウの箱の高い壁。朝晩は寒いけど、雨がよく降り、昼間は暖かいせいだろう。・・・ということは、価格が今後は・・・。

S161211_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

換気

 レンソウの伸びが良好。でもこれ以上伸びられても困るので片側を開けて換気。ハンターは止まる(はず)だが、オシリスはどうだろう。収穫は年明けかと思ったが、この分だと年内に一部は出荷となりそうだ。

S161206_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月に積雪

 ぶどうの被害は無し(ちゃんと見てないけど)。ホウレンソウはトンネルをかけてあったところは大丈夫。最後に播いたところ(まだちょびちょびの長さ)は少し白い跡が付いた感じ。べと病にならないことを祈る。

S161125_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルをかける

 今年は昨年に比べ寒そうなので早めにトンネルをかけ始めている。本日も棒挿し、消毒(春にベト病が出たので念のため殺菌剤散布)、トンネルかけ。

S161117_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長靴を探す

 長靴に穴があいたので、近所のワークマンで同じもの探すが見つからない。数週間前に違う店舗で探した時も見つからなかった。
 ネットで同じものを探したところ、ヨドバシが一番安かったので注文。領収書も頼んだ。商品名、ホワイトカバー付衛生長靴。近場で買えないとなると、今後はネットに頼るしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫開始

 ホウレンソウの収穫開始。昨年より4日くらい遅いか。ここのところ気温が低めなのでトンネルは早めにかけることになるかも。ベト病が出ませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポータブルブルーレイドライブを購入

 パソコン(ノート)のブルーレイドライブがディスクを入れても書き損じばかりで埓があかない。ネットで色々調べて修正を試みるが、ことごとく不発。どうやら壊れたようだ(パソコン購入から7年以上たったか?)。
 メーカーの修理の料金を見ると軽く¥50000を超える。無理。でもデータのバックアップのために必要だ(一度、外付けHDDが一年足らずで壊れている経験上、不安)。
 そんなわけで、いくつか調べて、ソフト付きのちょい高めのものを注文。

Pioneer パイオニア Win & Mac対応 BDXL対応 USB3.0 クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ ホワイト BDR-XD05W2

20161031_2239

 ソフト無しだと¥3000~6000程度だったけど、まあ国産で付いてた方が無難ということで上記を選択。
 とりあえず「WindowsDVDメーカー」は書き込み時にドライブを選択すれば、ソフトをインストールしなくてもOKだった。近々溜まったデータをブルーレイで焼いてみる予定。今のところ、内蔵の時より静かで助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視察研修(野菜)

 きよせ施設園芸研究会の視察研修に久しぶりに出席。研修先は朝日工業(アステアセブンのところ)と埼玉原種育成会 (キュウリで有名らしい)。
 来年以降は、また色々お世話になるので息抜きもかねて今回は参加した。研修先にはさほど興味無し。

 農協の方も同行するので、肥料を頼んだり、補助事業は何人くらいが参加予定なのか聞いたりと、どちらかといえば地元の情報収集がメインだった感じ。
 地元農家の方から、べと病対策として播種前にユニフォーム(粒剤)を使うと良い、と教わったのが一番の収穫か(在庫がないのでリドミルを頼んだ)。散布でもランマン以外の薬を教わる。
 補助事業も「ハウス以外でも通る可能性がある」と聞いたので葡萄棚でエントリーだけしてみた。

161018_04161018_03161018_02161018_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブドウ部会「土づくりと施肥管理」など

 昨年アレとかぶって行けなかった「土づくり」の勉強会。今回は参加できた。これで生産に関する基本的なことは全てクリア。身についたかどうかは怪しいが。

 部会員が増えたので、講義中心の場合は、今回から広めの場所でやるそうだ。会場前の柿畑が見事だった。土壌は砂地か。当たり前だが手入れが行き届いている。ウチのほったらかしとは雲泥の差だ。

161012_01Cimg7831Cimg7832

 「火山灰土はリン酸の肥効が劣る」そうだ

Cimg7836
Cimg7837

 「深耕」もした方がいいそうだ。ウチは10年以上してない。タコツボ用の機械を探そうか。

Cimg7839Cimg7843

 有機質が多めの土壌は裂果にも強い、らしい

Cimg7847Cimg7849

 この表を見ると「家畜ふん」一択な感じだ

Cimg7855

 「家畜ふん」の種類は「牛ふん堆肥」が無難。他は色々クセが強いので。

Cimg7857

 毎年反当たり1トンが目安だそうだけど、ウチの方では多くても半分位にしといたほうが良さそう。

Cimg7862

 山梨の方でも「全面施用」がほとんどだけど、なるべく「深耕」をするように、とのこと。

Cimg7865Cimg7869Cimg7876Cimg7877

 ↓産地では専用の肥料が。こういうのJAのつながりでウチの方でも注文できるのか?使うかどうかはアレだけど選択肢のひとつにあると助かる。

Cimg7888Cimg7890Cimg7892

 11月に少し効いて、厳寒期はあまり効かなくて、生育期に効いて、着色期から効かなくなっていく(窒素成分が少なくなっている状態になっている)のが理想。

Cimg7893

 ウチは毎年セオリーよりひと月くらい遅いタイミングでやっていたが、今回は10月下旬ころにやってみた。良い方に行けばいいのだけど。

Cimg7896

 収量のピークは13年生くらい。そろそろウチの主力品種の紅伊豆、藤稔を接木して育てていかないと。

Cimg7898Cimg7899Cimg7902Cimg7904Cimg7906

 微量要素の吸収率なども考えて、「phは6.5~7.0」あたりに調整すること。

Cimg7907Cimg7910Cimg7915

 堆肥の施用をしっかりしている園は、石灰資材をほとんど使用しなくていいレベルまでphが高くなっている場合が多いらしい。山梨ではカリ過剰の園も多いらしい。
 どうしても下げたい場合は「硫黄華」というの資材があるそうだ。

Cimg7918

 ↓ウチも紅伊豆で良く出るが、土壌診断すると全体に栄養が少なめの畑が多いので、拮抗作用で無く、単なる苦土欠と思われる。

Cimg7922Cimg7926

 シャインに小粒が混ざるのは、今のところ前年に生らせすぎた園に多いらしい。

Cimg7931Cimg7933

 「草生栽培」についても教わる。

Cimg7936Cimg7940Cimg7967Cimg7980Cimg7984

 最後に3軒の経営について、それぞれ園主さんからお話を聞かせていただく。写真無し。

Cimg7986

 以下メモ書きの清書。時間があいたので、はっきり読めない箇所も・・・。間違いもあるかも。

以下、またの機会に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網を片付ける

 一番広いところの網を片付ける。8時スタートで途中打ち合わせで1時間ほど抜けていたが、夕方までにはどうにか終わる。体は疲れたが、終わってホッとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホウレンソウ播種開始