« 根域制限栽培(本物) | トップページ | ビバホームに行く »

7分団のお手伝い(その2)

 本番まで1か月を切った。本日は個別の時間が長く流したのは水出しで1本のみ。

 手伝いも前回で勝手がわかったので皆さんスムーズ。ホースの巻き手が一番大変だったと思う。

・タコマン使って2重でまくときはメスを下にしてオスの方が上で線を見えるようにする。印はメスの字が右でホースも右から来るようにする。
・水がのるとホースは痛みやすくなるので引きずらないように。のっていないときは神経質になりすぎることはないみたい(もちろん気を使うのは当たり前)。
・10時完全撤収。
・まくときに金具の位置はなるべくオスメス近づけるように(←私もこのセッティングが好き。前回は特に言われなかったので気をつけるようになったみたいだ)
・スタンドパイプは前回はホースとパイプの間にアダプターみたいなのがあって漏れていたらしい。今回はそういうのがないので普通に使えた。
・消火栓を閉めている時のホース接合部からポタポタ程度の水漏れは大丈夫。全開にすると止まるらしい。

 色々な指示を受けて選手は大変そうなので基本手伝いのみだが、今回は見ている時間がながめだったので気になる点がいくつかあった。特に気になったのは以下2点。

・3が2線でホースをひっぱることが多すぎたような気がする。1線を参考にできるのであんまり引っ張ることはないと思うんだが・・・。
・収めで戻る時に3の鳶口の持ち方。前が長すぎた気がする。そういう教えを受けたのかも。合同操法の時は真ん中と教わったはずだけど。

 私も(選手やった人はみんなそうだろうが)細かく、こまか~く丁寧に丁寧に教わったので見ると、「あっ、あれどうなんだろ?」と思うことは多いが、ここまで先生がずらりと揃った状態で訓練する選手の方々は本当にすごいと思うので、ただただお手伝いに専念。

|

« 根域制限栽培(本物) | トップページ | ビバホームに行く »

消防団~2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7分団のお手伝い(その2):

« 根域制限栽培(本物) | トップページ | ビバホームに行く »