« 根域制限栽培(のようなもの) | トップページ | 7分団のお手伝い(その2) »

根域制限栽培(本物)

 ちゃんとしたのはどうなんだろ、と思ったので検索。画像で検索したら東村山のブドウ園「久安」が出てきた。

「根域と上部の割合は根域1に対して、上部は5と云うバランスを保つことがポイント」

 ・・・これなら今回仕切った面積で十分かも。

「新梢の間隔は均等で主枝1㍍に12房、3㍍で36房を付け」

 ・・・来年はこの位を目安にならせてみるか。それにしても本物はものすごく資材費がかかりそうだ。

 他のところで見かけた根域制限ポット栽培 。こちらの方が費用は少しだけ安いかも。どっちにしても水分管理とかが大変そうだ。労働力、費用などを考えるとムリ。

 栽培面積を増やすなら、簡易雨よけってのが一番あっていそうだ。検索してもでてこないので普及所の方にでも聴くか、山梨に旅行がてら見学に行ってやってる人を探して聴いてみるか。

Img5d41d5e5zik4zj

|

« 根域制限栽培(のようなもの) | トップページ | 7分団のお手伝い(その2) »

2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根域制限栽培(本物):

« 根域制限栽培(のようなもの) | トップページ | 7分団のお手伝い(その2) »