« レンソウ播種⑥ | トップページ | レンソウ播種⑦ »

ひとり視察研修

 7月にお世話になったはすみファームでメルローの収穫体験ができるとのことなので行ってみた。教えていただいた道の駅でりんごを買って帰宅。軽で行くのも二度目なので慣れた。

141018_01141018_02

・病気の粒(ジュクジュクしてるのとか)は取り除くが干しぶどうの状態は取らなくて良い。
・軸枯れの部分は取り除く。
・収穫の際は取り除いた部分を入れる用と集獲したのを入れる用と座る用の3つのコンテナがあると楽。でもゆっくり座ってると収穫が遅れる。商売でやるなら2つでいいか。
・コンテナは15kまでのものを使うらしい(これ以上だとぶどうが潰れる)。
・1kで750mlが目安(何度聞いても忘れて聞くたびに思い出す)。
・べと病がとても怖い。発生すると全滅もありうる。(←これは生食用の欧州種と一緒か)
・今年はICボルドーを使用したそうだが葉も実もとてもキレイ。葉にほとんど白いところがなかった。
・ベリーAはワイン用でも棚で作るのが普通らしい。
・ワイン用品種の専門の苗木屋さんがあるらしい。
・欧州種で暖かめのところで作れそうなのもあるにはあるらしい。(←「タナ」だったか)
・道の駅のブドウはピオーネとロザリオが目立った。どちらも素晴らしい。粒のパック売りもキレイ。ジャガイモが白くてキレイだけどこれはどうやってるんだろ。洗って干すのか?わからない。

|

« レンソウ播種⑥ | トップページ | レンソウ播種⑦ »

2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110787/57720351

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり視察研修:

« レンソウ播種⑥ | トップページ | レンソウ播種⑦ »