« ホウレンソウ播種(何回目だろ?) | トップページ | 年明けが怖い »

剪定講習会(山梨果樹園芸会ブドウ部会)

 入会できたけど、しばらく行くことはないだろうと思っていたところ、以前から気になっていた奴白和夫さんのロケット式一文字整枝が見れるということで山梨へ。

S151220_01S151220_02S151220_03S151220_04

 以下覚書。大勢参加していたので聞き取りにくかったり、私のレベルが低いせいもあって感違いや理解不足なところも多々あるかも。

・剪定には「間引き」と「切り返し」の二種類がある。
・短梢剪定は「切り返し」。ロケットは「間引き」。X型は「間引き」と「切り返し」の複合。
・考え方としては「林スマート」(主幹を南北にして南側の枝を全てはらう)に近い。
・X型の3つの禁止事項「はさみ枝」「くるま枝」「同側枝」。
・ロケットはすべて「同側枝」。来年の枝が「返し枝」になるように外芽を残す。
・例外的に、「弱すぎる枝は切り返し」たり「90度以上角度がとれたらハサミ枝も使う(←今回の剪定中には残していなかったと思う)」ことも。ただ、誰でもできるように作業のマニュアル化をするため、極力例外は設けない。
・枝は、節間が「短い→長い→短い」という感じで伸びる。長くなる手前で切る。
・去年の枝より太ければ、去年より長く残す。
・幹(主枝)を越した枝は落とす。
・ロケットは極端な徒長枝が出にくい。
・「返し枝」の方が生殖成長に向いている。
・「樹形」ではなく「樹相(でいいと思うんだけど)」を作る。
・強い枝から払うので、地上部(枝)と地下部(根)の生育のバランスがよくなりやすい。樹液の流れが好循環になるようにする。
・夏季管理はしない。見学圃場は潅水も無し。(1m位掘ったら水が出る位の地域だそうだ)
・裁植本数は10aあたり4~5本(肥沃地の場合。痩せ地などはもう少し多くてもOK)
・芽吹が揃いやすいのでジベ処理時期など、後の作業にも都合が良い
・図の枝は90度に返しているが、できれば90度以上に返す。
・房先6か7で摘心(バイトに頼んでいるので見落としもある)。
・大体20年を目処の更新する。
・見せてもらった木は6~7年生。たしかにウチの同じくらいの木より枝の伸びが良いと思った。
・ジベは2回
・シナアミドは3分の2位散布。開花時期をずらすため。
・草生栽培。
・元肥は堆肥主体。堆肥→全面・ph系→全面・配合(規定の半分程度)→根元中心
・今後の期待品種は志村先生のところの全般(小声で)。

 以前「現代農業」で見た図解より詳しい、1年目から6年目(成木)までの仕立て方の資料も頂けたので、機会があれば試してみたい。ただ棚の空きスペースが今のところほぼ無いからなあ。
 自分より遥かにレベルの高い方の話を聞けるのはとてもありがたい。良い講習でした。

 途中の道で「山梨の園芸」でよく広告を見る苗木屋さんを発見。

S151220_05

|

« ホウレンソウ播種(何回目だろ?) | トップページ | 年明けが怖い »

2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剪定講習会(山梨果樹園芸会ブドウ部会):

« ホウレンソウ播種(何回目だろ?) | トップページ | 年明けが怖い »