« 払込取扱票?に登録 | トップページ | 収入保険について説明を聞く »

「農業簿記」と「青色申告会」で色々聞く

台風対策は、おおむね完了。たまたま農業簿記の日だったので先生に色々聞きに行き、修正した後に青色申告会に行って、ここまでのところを一通り見てもらう。以下、質問したことなどの覚書。

 

・補助金の仕訳は、減価償却するものに関しては、借り方と貸し方を同じにする(例:ぶどう棚設置した場合、出金の科目が「建物・建築物(資産)」なら補助金を受け取った時は、入金の科目に「建物~」と同じ科目にする。償却金額は、出金マイナス入金の差額)

・消費税は個人事業の場合、承継した年もお目こぼしなし。

・生産緑地で減額された畑の固定資産税に関しても経費になる。

・作業場分の固定資産税も経費になる(ウチの親はやってない感じだから揉めるかな・・・)

・消防団のOB会費など、事業(農業)の収入と無関係なものは経費にならない。

・領収書は8%(例:ぶどう)と10%(例:宅急便)のものが混在する場合それぞれの明細を記入するが、8%と10%を別々に切ってもよい。

・インボイス制度の登録が始まるのは来年の今頃から。登録番号がない領収書は「消費税」の経費にはならないが「所得税」の経費には使える。会社などの取引先が多くなければ無理にとることはないのでは、とのこと。

 

・・・簿記の知識がお寒い私の曖昧でボンヤリした質問に丁寧に答えていただいて助かった。これで12月に「年末調整」の手順を教われば、なんとかなるかな。

|

« 払込取扱票?に登録 | トップページ | 収入保険について説明を聞く »

2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 払込取扱票?に登録 | トップページ | 収入保険について説明を聞く »