« 薬剤散布のお知らせ(10/11) | トップページ

ブドウ部研修会「果樹園の土壌管理について」など 2022.10.18

山梨に行き、ブドウ部会の講習会に出席。以下メモ書きの写し。聞き取り怪しい箇所もあるので参考程度に。

・イネ科=有機物投入・土壌改良 マメ科=地力増進・雑草抑制 雑草=←2つの中間な感じ

・1年間の雑草草生=牛ふん堆肥1t分相当

・草生栽培導入当初は窒素肥料を2~3割増やす。

・若木や新規で草生栽培を行う場合は養分競合に注意

・バーク堆肥(C/N比が50くらいあるなど高い場合)を施用した場合は窒素に関してはゼロとみなしてよい(投入量がものすごく多い場合を除く)

・C/N比は大雑把に分けて、~10以下=肥料効果高い・10~25=どちらかというと肥料効果に期待・25~=物理性の改良

・牛糞たい肥1t施用=窒素1.7≒2.0kg

・「地温が高い」「若木」などの条件で分解が早まる。

・堆肥は土の表面にまいても養分は一応下に行くが、できれば耕耘するなどして適切な土層に届かせた方が良い。

・ブドウは土壌硬度20mm以内が基準

・草生栽培の表層数cmや耕起後の土壌は硬度7mm以下

 

勝沼では数軒まだ直売をしてたけど、だいたい終わってる園が多かった。

|

« 薬剤散布のお知らせ(10/11) | トップページ

2022」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬剤散布のお知らせ(10/11) | トップページ